プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

2019年12月30日 16:58

(社)手紙文化振興協会からのお知らせ

テーマ:ご挨拶
ご訪問いただき、ありがとうございます。
しばらくこの記事がTOPにきます。

一般社団法人手紙文化振興協会は、今の時代に求められる「手紙の力」広く社会に発信するとともに、手紙の書き方講師を育成し、手紙力や言葉力の向上に貢献することを目標として、活動しています。
HP.jpg

手紙、手書き、文章の書き方のことならおまかせください。
講師として活動、ビジネスで成果を、暮らしを豊かに、慶事、弔事、恋愛、美文字、英文、子ども向け、年長者向け、レターアイテム、一筆箋、筆記具、万年筆、切手、歴史上の人物
の手紙...。
研修・ワークショップ・取材等にあたり、講師の派遣・紹介も行っています。

お仕事のご依頼は、
協会代表TEL:03-5579-8899 (平日10~18時)
またはメール: info ★ tegami.or.jp  宛てにお願いします。 


IMG_2457.JPG
TBS系「プレバト!」一筆箋講師として出演中!
(画像、お借りしました)


■ 言葉のセンスを身につけたい方へ
 日刊メルマガ「1行で気がきく人になる365文例」好評配信中!

10byou.jpg

ページTOPへもどる

2019年9月 4日 10:22

届いたハガキ4枚、紹介します&番外も

こんにちは、いかがお過ごしですか。
涼しい風を感じます。

週末の夕暮れどき、虫かごと大きな網を持った大人たちが公園をうろうろと...。何を捕まえるんですか? と尋ねてみたら、トンボを捕まえるのだそうです。
大の大人が「はぁっ!」とか言いながらジャンプして網を振り回す姿...けど、何も入っておらず落胆する姿...を遠くから眺めるのは、なかなか乙(オツ)なもの。可笑しみを覚えます。


■ 夏の間に届いた中から何枚か紹介します。

20190904-1.jpg
魚のマステと切手の貝殻のコーディネート。風景印は沖縄の粟国郵便局です。琉球の風を感じます。

20190904-2.jpg
こちらは裏面です。貝殻コーデ。さわやか!!


■手描きしたものをプリントしたのかな...? 大人な1枚。ため息また1つ。
20190905.jpg


■ このポストカードはあらかじめ「こうやって使ってね」という意図でデザインされたものなのでしょうね。日本昔ばなしの切手3枚+2円切手。裏面にも工夫がつまっていました。
20190904-8.jpg

■ こちらは見る人が見るとすぐにわかる一筆箋の表紙を使った1枚です。裏面に切手・住所・手書きのメッセージが書かれています。
20190904-9.jpg

今を生きるわたしたちの感覚がどんどん手軽なものへと向かう中、無駄を省くのは必然ですが、すべての無駄がなくなったら生きた心地がしなくなります。

人付き合いも同じだと思います。
表面的なお付き合いのほうがラクな反面、心の深いところでつながっている感覚がなければ有意義ではありませんし、ショッキングなことが起きたときに心がポキンと折れてしまいます。

犯罪やテロや自然災害等を含め、個人の力では防ぎようがないショッキングな出来事もありますから、そういうときのためにもちゃんとした土台を築いておく必要があると、わたしは強く感じています。

手紙は単なる通信手段ではなく、趣味だけでもなく、気持ちを伝えてまわりの人と信頼関係を築くツールです。

添える言葉はシンプルに。ケースバイケースで長く書いてもいいのですが、基本は言葉を短く。ただし、自分にしか書けない手書き文字で、自分らしい工夫を必ずどこかに添えて送りましょう。唯一無二の1枚が、相手の心にジンと響きます。



<番外>
20190904-4.jpg
バチカンから封書が届きました! が、ローマ法王のお顔の上に消印が!!!
日本でいえば、天皇陛下のお顔と同じようなものだと思うのですが...。あちらの人は気にしないのでしょうか。

もっとも、ネットに載せるわたしも同じようなもの...かもしれませんが、とても残念だったので載せてしまいます。あぁ。




ページTOPへもどる

2019年8月29日 11:46

雑誌掲載、うれしい増刷、拙著の感想、もらってうれしい1枚を書く

こんにちは、いかがお過ごしですか。

関東では朝晩、心地よい涼風が吹きはじめました。
大雨のシーズンでもあり、大気の状態が不安定になるとともに、夏の疲れが体に出やすい頃でもありますね。
わたしは早寝早起きを心がけています。


●雑誌「25ans」、取材協力しました。テーマは「令和の令嬢になる」だそうです。

メールやLINE、チャットやSNSは便利で手軽、快適です。
その一方で、肌身離さずスマホを持ち歩く毎日だからこそ、SNSでフォロワーの数を競いあうより、関わる人一人ひとりと時間をかけて理解し合いたい。ゆっくり信頼関係を築いていきたい。
そうした豊かさを求める声が高まりつつあるのも、感じます。

デジタルもよし。人肌を感じるアナログもよし。
両方のよいところを取り入れて生きていきましょう。
20190828-1 (2).JPG
20190828-1 (1).JPG
上記写真に表紙カヴァー写真が掲載されている拙著『一筆箋の美しいマナーと言葉』(PHP研究所)12刷の連絡を受けました。長い期間にわたって大勢の人の手にわたっていますこと、しみじみうれしく感じ入っています。ありがとうございます。


●当協会の講師がツイッターで拙著『お客の心をつかむ 3分ハガキ術』(日本経済新聞出版社)の感想を見つけた! と言って、スクリーンショットを送ってくれました。
Photo_19-08-24-20-36-12.888.pngPhoto_19-08-24-20-36-11.356.pngPhoto_19-08-24-20-36-09.260.png


実践している人の声はリアルだから、うれしさもひとしお。
当協会にご依頼いただく「お客様の心をつかむ 手書きのひと言実践研修」の数も以前に比べて確実に増えています。

手書きは必ず効果につながります。
が、肝心なのは、「もらってうれしい1枚を書く」こと。そのために覚えておかなければならないスキルやコツ、継続する仕組みをふんだんにお伝えしています。


秋に出版予定の本の製作も、そろそろ佳境。いい本にしたいです。




ページTOPへもどる

2019年8月15日 20:30

鳥さんハガキ、デジタルとアナログの組み合わせ、文通アプリ


こんにちは、いかがお過ごしですか。
8月半ばになり、朝晩のワンコの散歩中、公園で耳にする蝉の鳴き声が少し小さくなった気がします。

大きな公園の近く住むようになってから、鳥のさえずりや虫の鳴き声にしぜんと意識が向くようになりました。
緑はいいですね。あたりまえのようですが、木があるから鳥や虫が集まることを、最近ようやく実感しています。

20190815-1.jpg
手元にあった「鳥モノ」ハガキをざざっと集めてみました。


先日、ある大学教授の先生が「今の時代、表面的なことしか話せなくなっている。若い人ほどその傾向が強い。それが手書きの手紙だと、しぜんと深い話/思想・哲学的なことまで話せる(書ける)からいいよね」ということをおっしゃっていました。

わたしも同じように思います。
本当に言いたい・伝えたいこと、心の奥にあることを声に出して表現するのは、むずかしいものです。
伝えたいとは思うものの、何をどう伝えたらいいのかわからない/自分なりにじっくり考えてからでないと感じていることや考えていることを言語化できない。そう感じることって、多々ありますね。

箇条書きでも単語だけでも、書いているうちにしぜんと「自分はこういうことを考えて、こういうふうに感じていたんだ」と気づく瞬間が増え、それが自己理解という喜びにつながり、伝えることがラクになります。

デジタルとアナログ、急を要することとじっくり考えて対応すること。
どちらか一方に偏りすぎるわけでもなく、試行錯誤しながら自分なりに柔軟に組み合わせていくことが大事だと思います。


20190815-2.jpg
協会の講師に教えてもらった「Slowly」という文通アプリを使って、見ず知らずの人と文通(アプリでメッセージ交換)しています。

自分の趣味や興味のあるジャンルを入力しておくと、それに合いそうな人を自動的にマッチングしてもらえます。
日本人同士ならメッセージを送って半日~1日で相手に届きますが、外国だとアジアなら1~2日、ヨーロッパやアメリカ大陸だと2~4日くらいかかります。

そのタイムラグを楽しむというのが、このアプリのコンセプトなのでしょうね。

わたしはイタリア語と英語の勉強に使っています。
まだまだ翻訳サイト頼みですが、楽しんでいます♪

*顔が見えないアプリですから、いろんな人がいるとは思います。自己責任でお願いします。念のため。






ページTOPへもどる

2019年8月 6日 19:34

夏の花、シンプルに書くことなど

こんにちは、いかがお過ごしですか。

8月になり、原爆や戦争のニュース・映像を多く目にします。
わたしの祖先も戦争で大切な人を亡くしました。平和な世の中を心から願います。

さて、夏本番。
ヒマワリ、ヤマユリ、ハイビスカス、サルスベリ、ラン、タチアオイ、ノウゼンカズラ... 夏の花はどれも迫力があり、生命力を感じますね。
20190805-1.jpg

手紙の場合、さすがにこの暑さだと涼やかな絵柄を使いたくなりますから、アサガオや金魚柄の紙アイテムに目が留まります。

「暑いですね」という言葉ばかり発してしまう自分に嫌気がさす頃、なるべくなら明るい話題に目を向けて、楽しく過ごしたいですね。


当協会では、なかなか継続しがたい手書きのハガキや一筆箋をだれでも実践できるコンテンツにまとめて、企業研修やセミナー等でお伝えしています。

今の時代に喜ばれるのは、シンプルな短い手紙です。
サンプルをお見せすると、中には「たったそれだけでいいのか?」と甘く見る人もいるようですが、シンプルを追求することほど難しいことはないと考えます。

また、受け取る相手にとって「もらってうれしい1枚」を書こうと思えば、おのずと言葉は短くシンプルになるものです。

・いつもありがとうございます/感謝しています
・お元気ですか/お変わりないですか

そうした感謝やご機嫌うかがいのひと言には、書き手の素直さがあらわれます。すんなりと違和感なく受け取れるので、共感が得られやすいのです。
書くほうも気負いなく書けるから、リラックスして書けます。悩まなくていいので、気が楽です。気楽だから、また書きたくなります。


指揮者のチョン・ミョンフン氏がYouTubeで観た動画で次の言葉を言っていました。

音楽家の目標はシンプルさに到達することだ。
シンプルさの中にすべてが込められていなければならない。
とても難しいことだが、長い時間をかけて経験を積んで研究する中で、外から見ればシンプルだが、中身は非常に豊かなものを生み出せるようになる。

とても奥深い言葉だと感じます。




ページTOPへもどる
1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  次の5件

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました