プロフィール

むらかみかずこ

(社)手紙文化振興協会 代表理事
幼少期からの大の手紙好き。
講師育成、企業研修、講演、書籍執筆、手紙アイテム監修等を行っています。

詳細はこちら

むらかみかずこ

メッセージ

ようこそ! 手紙時間ブログへ。

「手紙というと、もらうとうれしいけれど、自分で書くのは苦手だ」
そんなふうに感じている人が多いと思います。

SNSやメール全盛の今だからこそ、手書きの価値が見直されています。
手紙を書くと、感謝や喜びの気持ちが生まれます。言葉力や相手のことをおもんばかる力が養われ、心の豊かさや、ビジネスシーンにおける仕事のやりがい・売上アップにつながります。

このブログでは、大の手紙好きが高じて(社)手紙文化振興協会を立ち上げたわたし、むらかみかずこが、手紙という、いわば「手間のかかる面倒なもの」を「楽しみ」に変えるアイディアやコツを発信していきます。
また、日々書いている手紙の一部、お気に入りの紙、筆記具や切手等をご覧いただくことで、実際に手紙を書くときのヒントにしていただけたら、うれしく思います。

相手のことを想像し、じっくり言葉を選んで文字をしたためる。
それは、なんとも楽しい、胸がわくわくする時間です。

どうぞ、リラックスしながらお楽しみください。

最近の記事

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

テーマ別

テーマ別

アーカイブ

2019年12月30日 16:58

(社)手紙文化振興協会からのお知らせ

テーマ:ご挨拶
ご訪問いただき、ありがとうございます。
しばらくこの記事がTOPにきます。

一般社団法人手紙文化振興協会は、今の時代に求められる「手紙の力」広く社会に発信するとともに、手紙の書き方講師を育成し、手紙力や言葉力の向上に貢献することを目標として、活動しています。
HP.jpg

手紙、手書き、文章の書き方のことならおまかせください。
講師として活動、ビジネスで成果を、暮らしを豊かに、慶事、弔事、恋愛、美文字、英文、子ども向け、年長者向け、レターアイテム、一筆箋、筆記具、万年筆、切手、歴史上の人物
の手紙...。
研修・ワークショップ・取材等にあたり、講師の派遣・紹介も行っています。

お仕事のご依頼は、
協会代表TEL:03-5579-8899 (平日10~18時)
またはメール: info ★ tegami.or.jp  宛てにお願いします。 


IMG_2457.JPG
TBS系「プレバト!」一筆箋講師として出演中!
(画像、お借りしました)


■ 言葉のセンスを身につけたい方へ
 日刊メルマガ「1行で気がきく人になる365文例」好評配信中!

10byou.jpg

ページTOPへもどる

2019年11月22日 15:54

年賀状で祈りを、雑誌『新世』『天然生活』、月夜の切手

こんにちは、いかがお過ごしですか。

ローマ教皇によるミサ、抽選漏れでした。ざんねん!
もっとも、アジア近隣諸国からも大勢の人が来日するといいますし、わたしは一般枠での申し込みでしたので、倍率で言ったらそれこそオリンピック開会式と同じくらいだったのかもしれません。

教皇様/フランチェスシスコさんはとてもチャーミングな方だとお見受けします。ずっとお顔を見ていたくなります(YOUTUBE)。
その祈りがより多くの人の心に届きますように。


そして、祈りといえば、手紙も祈りの一つです。
何気ない言葉であっても、文字を手書きすると、その言葉の力が強まります。

たとえば、もうすぐ年賀状のシーズンです。
年賀状と言うと、まだ年が明けていない12月のうちから「あけましておめでとうございます」と書くことに淡い疑問をいただいたことはありませんか。

まだ起きていない未来を祝うことを予祝(よしゅく)と言います。日本では古来、一年間の農作業や五穀豊穣を模擬実演する予祝の行事がありました。願いが叶うと心に決め、それを祝ってから物事に取りかかると自然に脳がそのように作用し、願い通りの現実が舞い込むというのです。

「すばらしい一年になりますように」
「ご家族の皆さんとともに幸せな一年を過ごせますように」
「家内安全、大願成就をお祈りします」
「ますますのご発展を心より願います」

そう幸せを祈り、よき一年を祝いましょう。

雑誌『新世』(倫理研究所)、連載がはじまりました。
20191122-1.jpg

雑誌『天然生活』(扶桑社)、手紙企画(カラー5ページ)監修協力しています。華やかで読み応えのあるページです。
20191121-2.jpg

弊協会の講師からいただきました。
おめでたい切手ですね。ありがとうございます。
20191121-1.jpg



ページTOPへもどる

2019年11月 5日 22:19

お墓参りとご先祖様、公園の秋、クリスマス便箋、スタバのビバレッジカード

こんにちは、いかがお過ごしですか。

伊豆にお墓参りに行きました。
遠くの山まで見渡せるさわやかな秋晴れのもと、清々しい気持ちでお墓の前に立ちました。

お寺の住職に過去帳を見せてもらったところ、気づくことがたくさんあり、ジーンと熱いものがこみ上げてきました。目が真っ赤になりました。


わたしの祖父には吃音がありました。
祖父はそれが理由で戦時中の徴兵検査で不合格となり、戦争に行かなかったと聞いています。当時の日本は軍国主義・愛国主義一色でしたから、徴兵検査で不合格となった祖父は、そのことでまわりからずいぶん揶揄されたり、いじめられたりもしたそうです。

でも、吃音だから反論できませんでした。言いたいことを何も言えずに、ただじっと耐えるしかありませんでした。
祖父はそうした厳しい状況下にありながらも農家として懸命に畑を耕し、作物を育て、父を含め7人の子を養い、その成長を見守りました。

祖父は徳を積んだ人でした。

会いたかった。
会って、その存在を感じていたかったです。
ご先祖様の存在にかなうものはないですね。


近くの公園にて。季節はめぐります~
20191105-2.jpg
20191105-1.jpg
一年があっという間ですわ。
20191105-3.jpg

スターバックスビバレッジカード!!
20191105-4.jpg





ページTOPへもどる

2019年11月 1日 13:53

講師総会の写真掲載

こんにちは、いかがお過ごしですか。
今日から11月。今年のハロウィンは張り切って仮装したいと思っていたのですが、ぐずぐずしているうちにミッションアンコンプリート。何事も早めの準備が肝心ですね。

さて、26日(土)、一般社団法人手紙文化振興協会の総会を行いました。写真をいくつか掲載します。場所は銀座の手紙寺さん(手紙処GINZA)をお借りしました。
20191026-8.jpg
中央の男性は相模女子大学・教授の宮田穣先生。宮田先生の著書『ネット時代の手紙学』を読み、とても興味深く感じ、ぜひお話をうかがいたいと思い、ゲストとしてお招きしました。

20191026-4.jpg
もともとコミュニケーション学がご専門の宮田先生。手紙は「その人らしく相手を思いやり、心を通わせるメディア」であると、お話ししてくださいました。

20191026-7.jpg
心に残る1日でした。
@わたしは顔が大きいですね。父親ゆずりです。






ページTOPへもどる

2019年10月28日 15:15

令和のカード、講師総会について

こんにちは、いかがお過ごしですか。

各国の要人たちを招いて、「即位の礼」が行われましたね。
写真は日本ホールマークさんからいただいた令和のカードです。
20191028-1.jpg

週末、一般社団法人手紙文化振興協会の講師総会を実施しました。
遠く北海道や兵庫県、大阪からも講師がかけつけてくれ、ものすごく楽しい、温かい時間を過ごしました。今、写真を待っているところです。

弊協会はこの10月に創立6年目を迎えました。
設立当初から支えてくれた講師が家庭の事情等で退会するなど、いろいろ変化がありました。
別れは寂しいもの。でも、ちゃんと真摯に向かい合って気持ちを伝え合えている感覚はあるので、潔く受け止めています。

向かい合う過程においては、わたしに対する「このやろう!」という苦々しい感覚もあるはずですが、それでも最終的には感謝の手紙を書いて送ってくれます(頼んでいないですよ・笑)。
しみじみ、ありがたく感じています。

わたしは以前、それが男女間でも勤め先でも何でも、バタン!とシャッターを下ろすような強引な別れ方か、適当な嘘をついて逃げるような別れ方しかできませんでした。

その点、今はだいぶ成長できたかな。
もちろん、まだまだですが。

今年はこれまで生きてきた中でいちばん心が乱れた一年でしたが、その一方で、いちばん深く幸せを感じ、安らぎや充実感を覚える年でもありました。(夫も子どもも恋人もいないのにね・笑)

「プラスの感情だけが心の栄養ではない」ってものの本には書いてあるけれど、なかなか納得はしにくいけれど、でも、そういうものなのでしょうね。

いつも支えてくれる講師たちに心から感謝しています。



ページTOPへもどる
1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  次の5件

書籍紹介

『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
新刊
『お客の心をつかむ 売り込みゼロの3分ハガキ術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
『できる大人の'一筆添える'技術』 『できる大人の'一筆添える'技術』
KADOKAWA中経の文庫
価格:600円+税
『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』< 『仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術』
日経ビジネス人文庫
価格:800円+税
『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』 『一生使える、一筆箋の美しいマナーと言葉』
PHP研究所
価格:1,500円+税
『一行フレーズで気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』 『「一行フレーズ」で気持ちが通じる 大人の言葉遣い400』
KADOKAWA
価格:1,200円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『おとなの手紙時間』
サンマーク出版
価格:1,300円+税
『手書きで心を伝える 一筆はがき』 『手書きで心を伝える 一筆はがき』
NHK出版
価格:600円+税
『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』 『手書き文字を美しく 心が通じる一筆箋』
NHK出版
価格:571円+税
「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる 『「さらっと書いたのに心が伝わった!」という文章が作れる』
KADOKAWA中経出版
価格:1,200円+税
できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ 『できる大人のひとこと手紙 短くても印象に残る335フレーズ』
高橋書店
価格:1,000円+税
愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ 『愛されて仕事ができる女の気くばりのコツ』
PHP研究所
価格:1,200円+税
たった3行のシンプル手紙術 『たった3行のシンプル手紙術』
日本経済新聞出版社
価格:1,300円+税
大切なあの人へ ラブレターを書こう! 大切なあの人へ ラブレターを書こう!
原書房
価格:1,500円+税
すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉 すぐ書ける心がホッとやわらぐ手紙と言葉
新人物往来社
価格:1,300円+税
仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300 仕事がもっとうまくいく! ものの言い方300
日経ビジネス人文庫
価格:667円+税
仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300
『仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300』
日経ビジネス人文庫
価格667円+税
一筆箋の書き方、楽しみ方 『一筆箋の書き方、楽しみ方』
KKベストセラーズ
価格:524円+税
cover-i2.jpg 『付き合い上手になって、仕事が驚くほどうまくいく できる大人の"一筆添える"技術』
ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,300円+税
『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』 『お客の心をぎゅっとつかむ!小冊子作成講座』
同文舘出版
価格:1,400円+税

監修本紹介

『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
新刊
『世界一短い手紙で気持ちを伝える そえぶみ箋の使い方』
実務教育出版
価格:1,200円+税
『愛される女性になる一筆箋の書き方』 『愛される女性になる一筆箋の書き方』
宝島社
価格:1,080円+税
あなたの人生を変える一筆箋活用術 『あなたの人生を変える一筆箋活用術』
自由国民社
価格:1,200円+税
手紙美人 手紙美人
洋泉社
価格:933円+税
手紙の書き方サイトの監修を担当しています
むらかみかずこ監修「しあわせをはこぶ手紙」
メディアで紹介されました